ちゃんと知っている?ファスタナは効果を得る飲み方がある!

ファスタナは飲み方よりも飲むタイミングが大切!

ファスタナはプロテインドリンクとして置き換えダイエットに活用できるということは知っている人も多いと思います。

 

説明するまでも無いでしょうが、念の為おさらい。

 

置き換えダイエットは、食事の中の一品(二品)を別の低カロリー食品に置き換えるというものです。

 

食事での摂取カロリーを減らすことで、運動で消費カロリーを増やすよりも効率的にダイエットが出来るという方法です。

 

で、ファスタナを置き換えダイエットに使うというときにどのように飲んだらよいか知っていますか?

 

定食のご飯の代わりにファスタナが置いてある状態をイメージしていませんか?

 

実は、そのような飲み方ではファスタナの効果をしっかり得ることは出来ません。

 

ファスタナの効果的な飲み方には、タイミングが大切です。

 

その理由と合わせて理解することで、食事のアレンジもしやすくなりますよ。

 

飲むタイミングを意識する

ファスタナを食事と一緒に飲むのは、ファスタナの効果を大きく減少させてしまうことになります。

 

その理由は、ファスタナの成分からわかると思います。

ファスタナの注目すべき成分

  • 食物繊維・・・食事による血糖値の上昇を緩やかにしてくれる
  • 大豆タンパク・・・腹持ちが良いことで知られている
  • チアシード・・・量の割に満腹感を得られる
  • ブドウ糖・・・満腹中枢を刺激

食事による血糖値の上昇を抑えるには、食事の前に食物繊維を吸収しておく必要がありますよね。

 

だからこそ、食事と一緒ではなく、食前にファスタナを飲んでおかなければなりません。

 

食前20〜30分が目安です。

 

また、チアシードやブドウ糖などを先に摂っておくことで、食事のタイミングには既に、ある程度の満腹感を感じた状態になっていられる効果に期待できます。

 

つまり、自然と食事の量を減らすことが出来るということですね。

 

もし、ファスタナだけでは物足りないということであれば、ファスタナと一緒にサラダを食べるのがオススメです。

 

食事の前に食物繊維を摂っておきましょう!ということです。

 

ファスタナを飲むタイミングで、期待できる効果に大きな違いがあることがわかったと思います。

 

飲み方にはアレンジを

ファスタナの飲み方にも気を配ってあげてください。

 

美味しくなければ継続できないですからね。

 

公式サイトには、「水・ぬるま湯に溶かして飲んでね」となっています。

 

最初は水に溶かして飲んでみて美味しいと思えばそれでOKです。

 

でも、人によって好みって違うものです。

 

もし、味を変えたい場合には、アレンジして飲むことが大切。

 

例えば、炭酸水に溶かしてみるのも良いと思います。

 

他にもグリーンスムージーなどもオススメです。

 

簡単に言うと、低カロリーであれば、何に混ぜても良いよってことです。

 

ちなみに、温かいものでも大丈夫ですよ。

 

ファスタナに使われているソイプロテイン(大豆タンパク)は熱に強く、熱変性は起きにくいですからね。
(熱変性・・・タンパク質の構造が熱によって変化すること。成分的には変化しない。)

 

 

ファスタナは一般的な置き換えとは異なり、食前に飲むことがポイントです。

 

ダイエットをする上で気をつけなければならない、血糖値の上昇、食事量を調整しやすいドリンクと言えますね。

 

溶けやすいプロテインなのでいろんなアレンジもしやすく、継続の助けにもなります。

 

ファスタナ公式サイトでは、ダイエット認定講師によるダイエットブックのプレゼントがあります。

 

是非、手に入れてキレイなボディを作ってくださいね。

 

>>今すぐダイエットブックを手に入れる【ファスタナ公式サイト】